動植物も細胞にはミネラルが必要

ミネラルは、「生命の起源」と密接な関係があるのです。

初の生命となる有機物は、海中で誕生。

現在の学説では約40億年前,海中で地球初の生命が誕生したといわれています。当時の地表は、強い紫外線や荷電粒子が降り注いでいたため、生命が存在できる環境は海中だけでした。 原始の海には、生命に必要な有機分子(アミノ酸,核酸塩基,糖,脂肪酸,炭化水素など)が豊富に存在していたと考えられています。

それらが熱噴出孔から吹き出す熱水と二酸化炭素や硫化水素、海水中に含まれていた無機物(ミネラル)などと化学反応を起こし、生命が誕生したと考えられています。
そこから長い月日をかけ、細胞は複雑に変化し、藻類や甲殻類、魚類へと進化し、その後約5億年前には、遂に海中から陸にあがる生物へと発展したのです。
しかし、太古の海中で身近にある材料を組み合わせて誕生したその基本構成は、それぞれの生物の体内において、現在まで受け継がれています。
人の体内でミネラルは様々な化学反応の触媒になっていますが、それは、生命誕生の際にもミネラルが触媒となったことに由来していると言われています。

【海底の熱水噴出孔】

私たちの体にミネラルが不可欠なのは、私たちの遠い先祖である原始生命体がミネラル無しには存在できなかったからなのです。

動物も植物も、生命活動を維持するためにはミネラルが不可欠

動物の進化 植物の進化

細胞で構成される生命体にはミネラルが必要

人の体液は、海水由来と言われています。実際、血液や羊水のミネラルバランスは、太古の海水とほぼ同じです。
ミネラルは、体内で常時繰り返されている化学反応の触媒の役割を果たしていることがわかってきています。この化学反応により、新しい細胞が作られたり、老廃物を排出したり、ウィルスなどの侵入物を攻撃したりされるのです。
化学反応は、いわば生命維持活動そのものなのです。
したがって、触媒であるミネラルが不足すると、人間の体は正常に機能しなくなり、様々な支障をきたします。

動物も植物も、海中で誕生した細胞から進化を遂げた生命体です。人間同様、植物の樹液や細胞内液も海水由来のミネラルを保有しています。 ということは、植物も成長の過程においてミネラルが無くてはならないと考えられるのです。

動植物におけるミネラル研究

イチゴの育成実験(約6ヵ月)

MCM液を葉面散布し、生育の違いを実験。
花芽形成後、1週間おきに葉面散布。
10ℓに対しMCM液10ml、1000倍希釈液を使用。

【結果】
・花着が良く、花芽形成が安定した
・糖度が高くなり安定した
・葉、茎の勢いが良い
・実がしっかりしていて傷みにくい
・病気にかかりにくい
【検証】
カルシウム、マグネシウム、カリウム、塩素、ナトリウム、鉄、硫黄、亜鉛などの必須ミネラルが光合成を促進した。
その結果、窒素を効率よく消費し、過剰肥料による窒素過多を原因とする病気を軽減させ、植物を強く健康に生育させた。

免疫活性を向上させる海洋ミネラルの豚 での応用

1~10週齢までの豚に1000~1500倍のMCM液を投与し、投与しない豚と比較し、その投与結果を調査。

【結果】
・MCM液はワクチン接種の効果に悪影響を及ぼすことなく、ワクチン接種による抗体上昇を促進することが判明。
・免疫に深く関連するグロブリン量は26%アップ
・IgAも13.3~20.5%の改善があった
【検証】
海洋ミネラルは、豚においても病原体への防御作用の向上、不確実なワクチンや抗菌製剤投与の補完的役割などで大いに期待できる。

海洋ミネラルを用いたかいわれの 生育実験

水栽培のかいわれに、海洋ミネラルMCM液の2000倍希釈液を入れ生育を観察。
7日目のかいわれの状態を比較検証。

【結果】
・茎が約1.3倍太く、丈夫に育った
・生育状態が良く、生育期間も伸びた
・MCM濃度が高いほど、茎の太さや長さがアップした
【検証】
MCMに含まれているミネラル、16種類の元素により、酵素の活性があがり生長量が増えたり、病気に対する抵抗性が高まったりするなどの効果が期待できる。
また、栄養価や収穫量も高まるなどの効果も認められた

MCM液をニワトリに与えた時の影響 (約7ヵ月)

520羽のイサブラウン種の雛鳥に300~500倍のMCM希釈液を飲み水の代わりに与える。
約3ヵ月後、MCM投与とそうでないグループの2つに分け、ニワトリと産卵した卵について検証。

【結果】
・雛の運動量、えさや水分の摂取量が上がった
・通常起こる体格のばらつきが少ない
・ストレスに強く、群れずに落ち着いている
・群れないためか、圧死する鶏が激減した
・一般的な産卵時期より22日早く産卵をはじめる
・卵の数、重さとも通常より多く、味も深見・コクがあがった
【検証】
海洋ミネラルは、ニワトリの成長を早めるだけでなく、ストレス耐性を向上させることが判明。また、卵の味もあがり、卵の重量も平均106~110%程度アップした。
これらの結果から、産業ベースでの期待値は計り知れない。
  • 現代人はミネラル不足
  • ミネラル不足による様々な不調
  • 現代人はミネラル不足
  • 人間だけじゃない動植物も細胞にはミネラルが必要
  • ミネラル不足による様々な不調とは
  • 海洋ミネラル結晶を考える医学者の会

ページTOP