ミネラルのチカラ

近年様々な研究が行われている「ミネラル」。しかし、まだまだ世間では注目されていません。
今話題の漢方や腸内細菌、それらにもミネラルとの重要な関わりがあるとしたら?
あなたの知らなかった「ミネラル」のパワーについてお教えします!

ミネラル無しに、人間の体は正常に機能しません。
体内にわずか4%しかないミネラルが、体のあらゆる機能をつかさどる!

96%を正常に機能させるためには4%のミネラルが必須

人体の96%は、炭素(C)・窒素(N)・酸素(O)・水素(H)で構成される炭水化物 (糖質)やたんぱく質、脂質、ビタミン類などの有機物と水分からできています。
必須3大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂質は、体内に摂取されると栄養分となり、新たにDNAやRNA、各種酵素、ビタミン、ホルモン、細胞膜などを作るのに役立ちます。

3大栄養素の分子構造は、炭水化物(H+O+C)、たんぱく質は(H+O+C+N+P)、脂質(H+O+C+N+S)という風に、主要元素の複雑な組み合わせで構成されています。(P:リン S:イオウ)

残りの4%は無機物のミネラルで構成されています。
一見すると、有機物の方が重要に思えるかもしれませんが、実は有機物を体内で正常に機能させるためには、たった4%しかないミネラルが必須であり、ミネラルが不足すると、残り96%も正常に機能しなくなる、ということが判明してきました。
ミネラルは、生命活動を正常に維持するために、無くてはならない必須元素なのです。

【人間の体の約4%を構成するミネラル類】

カルシウムってどのくらい必要?足りないとどうなるの?

「ミネラル」というのは100種類以上の元素の総称

複数のミネラルをバランス良くとらなくては有効に働きません。

地球上に存在する118種類の元素のうち114種類の金属元素の総称をミネラルといいます。
それらのミネラルの中で、生命活動を維持するために不可欠だと判明しているものを必須ミネラルといいます。
厚生労働省が『日本人の食事摂取基準』として13種類を指定していますが、必須ミネラル以外にも体に必要だと明らかになっているミネラルが4種類あります。
ミネラルは体内でつくることができないため、食品やサプリメントで摂取する必要があります。
また、ミネラルは体内で複数の種類が協力し合って機能することがほとんどなので、必須ミネラルを中心にバランス良く摂取することがとても重要なのです。

必須ミネラル一覧
分類 ミネラル名 多く含む食品 働き
必須ミネラル 主要元素 ナトリウム
Na
食塩、みそ、しょうゆ 浸透圧の維持、pHの調節、水分平衡の維持など
塩素
Cl
食塩、みそ、しょうゆ 浸透圧の維持、pHの調節、胃液の塩酸成分となる
カリウム
K
いも類、野菜類、果物類、牛乳・乳製品、魚介類、野菜類、果物、味噌、醤油など エネルギー代謝、浸透圧・pHの維持、血圧調節、神経刺激の伝達、電位差の維持、水分保持など
カルシウム
Ca
牛乳・乳製品、小魚、海草類、大豆製品、野菜類、わかさぎ、小松菜、チーズ、かぶ葉(生)、大根葉(生)など 骨・歯の主成分となる 血液凝固、筋肉の収縮、神経の興奮抑制などに関与
マグネシウム
Mg
玄米、そば、牡蠣、干しえぴ、豆腐、納豆、こんぶ、ひじき、アーモンド、バナナ、ココアなど エネルギー代謝、筋肉の収縮、神経機能、ホルモン分泌、体温調節など
リン
P
玄米、そば、牡蠣、干しえぴ、豆腐、納豆、こんぶ、ひじき、アーモンド、バナナ、ココアなど 骨・歯の成分、細胞の構成成分となるエネルギー代謝、体液の浸透圧、酸塩基平衡の調節など
イオウ
S
食品中に広く分布 食品添加物など 含硫アミノ酸の構成成分(毛髪や爪の構造たんぱく質)となる
微量元素
Fe
レバー、貝類、卵黄、緑黄色野菜、ひじき、しじみ、ごま、煮干し、切り干し大根、パセリ、小松菜、ほうれん草など 酸素の運搬・貯蔵に関与、酵素の成分となる
亜鉛
Zn
かき、肉類、小麦胚芽、豚レバー、ホタテ、うなぎ 酵素の構成成分、核酸代謝、細胞分裂に関与

Cu
野菜、穀物(特にピーナツ類)、肉類、インゲン豆、ブラジルナッツ、ごま、干し椎茸、レバー、貝(特に牡蠣)、海老、かに、種実類 酵素の構成成分、鉄の吸収・貯蔵の促進、成長促進、免疫機能など
マンガン
Mn
穀類、種実、野菜類、お茶、アーモンド、豆類、わかめ、味付け海苔、ごま 酵素の構成成分、骨形成
コバルト
Co
葉菜類、肉類、臓器類 補酵素、ビタミンB12の成分となる
クロム
Cr
食品中に広く分布 野菜、穀物、肉、魚など 糖代謝、脂質代謝に関与
ヨウ素
I
海草類、貝類、イワシ、かつお、卵黄、牛肉、大豆、バター、黒ごま、しいたけ、キャベツ、かぶ 甲状腺ホルモンの構成成分となる
モリブデン
Mo
乳製品、豆類、穀類、レバー 補酵素となる
セレン
Se
魚肉、獣鳥肉、小麦、大豆 酵素の構成成分となる、抗酸化作用

ミネラルの働き

各単体でのミネラルの働きは上記表のとおりですが、ミネラル全体がバランスよく機能することで得られる主な効果を6つの項目に分けて紹介します。

ミネラルの働き

1.細胞の新陳代謝を促し、正常な機能を維持する

毎日新しく生まれる5000億~1億個の細胞を健康に!

人の体はおよそ60兆個の細胞から成り立っていると言われています。
体内では、常時損傷を受けた細胞の修復や構築が行われており、細胞分裂により、日々新たな細胞が作られているのです。
その数は、全体の1%程度と言われています。つまり毎日約6000億~1億個の細胞が入れ替わっているのです。 これを細胞の新陳代謝と呼びます。

ミネラルは、この新陳代謝を促し、細胞の正常な機能を維持するための必須要素なのです。
ミネラルは、細胞分裂をつかさどる酵素の補酵素として働きます。そのため、酵素が機能しようとしても、そこにミネラルが無ければ細胞分裂は滞り、老化した細胞や損傷を受けた細胞が体内に蓄積したり、ガン化された細胞が増殖したり、と、体内で様々な不調を引き起こす要因となってしまいます。

脳や血管、骨、皮膚をはじめ、心臓、肺、肝臓、腎臓など、全ての組織は細胞から出来ていて、日々新陳代謝が行われています。 だからこそ、ミネラルの影響力は非常に多岐にわたるのです。

2.酵素を正常に機能させる

3000種類以上ある体内の酵素が正常に働くにはミネラルが必要!

私たちの体内では、摂取した栄養をアミノ酸に変化させたり、脂肪酸に変換したり、タンパクに再生したり、と、人智のとうてい及ばない化学反応が、驚くほど短時間のうちに行われています。 工業レベルでは1年くらいの時間を必要とするものが、体内では一瞬で行われてしまうのです。
この化学反応に欠かせないのが酵素です。
人間の体内には、3000種類以上の酵素が存在しており、それぞれが生命維持のために機能しています。
その働きを助ける触媒として作用するのがミネラルや一種のビタミンです。

ミネラルやビタミンが欠乏すると、酵素の働きに支障をきたします。その状態が続くと、細胞の働きが低下してさまざまな障害を招く原因になります。
ミネラルは体内で作ることができないため、食物や栄養補助食品から摂取しなくてはなりません。
加齢とともにミネラルの吸収は低下してしまうので、歳をとるほど十分な量のミネラルを摂取する必要があるといえます。
また、ミネラルは、ビタミンそのものを活性化する働きがあります。
要するに、ミネラルが無ければ、ビタミンはその有効性を発揮することができないのです。
まさに、ミネラルこそが生命をささえる基剤なのです。

3.免疫力を向上させる

NK細胞活性やインターフェロン増産により、人本来の『自然治癒力』がよみがえる!

ミネラルが医療で注目されるようになった一つの理由に、「免疫力を向上効果」があります。
亜鉛や銅、鉄、セレンといったミネラルは、病原菌と闘うたんぱく質、インターフェロンの増産や、細胞にあるNK細胞、NK-T細胞などを強化するのに欠かせないミネラルです。
免疫システムそのものを活性化する「免疫賦活(増強)剤」と呼ばれる薬や健康食品も存在しますが、これらをいくら大量に投与しても、体内の栄養状態が悪ければリンパ球は十分に作れません。
つまり、蛋白質や脂質や糖質を十分に摂取しても、ミネラルが不足すれば、それらは正常に働くことができないのです。

免疫力が高まるということは、風邪などのウィルスの耐性が強くなるだけでなく、癌細胞の増殖を抑制したり、損傷を受けた細胞を修復したりといった自然治癒力が高まることになるのです。

4.活性酸素を分解し、細胞の老化を抑制

抗酸化作用を持つ酵素の働きを高め、体の中 の老化を防ぐ。

白血球の一部は、活性酸素を利用して体内に侵入した細菌を破壊するため、昔は体に良いものと思われていました。
しかし、研究が進むにつれ、増えすぎた活性酸素は、侵入したウィルスだけではなく、自身の細胞も破壊してしまうことが分かったのです。
活性酸素(フリーラジカル)は、しわやシミ、かゆみといった肌トラブルをはじめ、老化や動脈硬化など、現代病とよばれる多くの病気の原因になることが判明しています。

現代社会は、喫煙だけでなくストレスや睡眠不足、食生活の乱れなど、活性酸素の増加させる環境下にあります。
しかし、人間の体内には、この活性酸素を除去する酵素がもともと存在しているのです。
亜鉛やセレンといったミネラルは、この活性酸素を除去するSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)やカタラーゼ、ペルオキシダーゼといった酵素が働くためになくてはならない元素です。

5.精神バランスを整え、ストレス耐性をつくる

亜鉛、モリブデン、カルシウムが不足すると鬱状態の危険が高まります

人間は、外部から感じる刺激(ストレス)を察知すると脳下垂体へ電気信号を送ります。この信号を受け副腎皮質ホルモンが分泌され、自律神経を伝わり、体内の各器官へ伝えられるのです。
体内では、このストレスをできるだけ小さく伝達しようとしますが、長期間継続した刺激がある場合は日常的な疲労がぬけず、症状が進むと不眠、肩こり、吐き気、めまいなど、さまざまな症状が引き起こされてしまいます。中には深刻になる場合もあり、疲労やうつ状態が長く続いた結果、突然死することもあるのです。

亜鉛、モリブデン、カルシウムと言ったミネラルは、この伝達を正常にする抗ストレス機能があります。
これらは不足し易い微量元素であるため、意識して摂取するよう心掛ける必要があります。 近年、キレやすい子供が増えていると言われていますが、ミネラル不足も要因の一つにあるのかもしれません。

6.体液の浸透圧・pHを調整する

細胞内外の水分・ナトリウム・カリウムの濃度バランスが生命活動を維持しています

カリウムとナトリウムは、細胞内外のイオンバランスを調整し、細胞の浸透圧を一定に保つ役割を行っています。
カリウム1に対し、ナトリウム2という割合で体内で存在していますが、この比率が崩れると、どちらか余剰な方が排出されます。このバランスが極端に崩れた場合、血管壁が水分で膨れるため血圧が高くなったり、リンパ液が薄められてむくんだりします。

その他にも、体内の水分量の調節や、神経細胞に伝わる刺激伝達物としての役割、筋肉の弛緩を調整、腎臓における老廃物の排泄、細胞のエネルギー生産など、ナトリウムやカリウムはともに細胞の機能を維持し、生命活動そのものを維持する効果があるといえます。

  • 現代人はミネラル不足
  • 人間だけじゃない動植物も細胞にはミネラルが必要
  • ミネラル不足による様々な不調とは
  • 海洋ミネラル結晶を考える医学者の会

ページTOP